職員紹介(佐賀・小城地区)

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

|職員紹介(佐賀・小城地区)

佐賀・小城地区には、デイサービスセンターよりあい兵庫や有料老人ホームふぉれすと小城・デイサービスセンターふぉれすとの他に、ケアセンターきぼう、訪問看護ステーションきぼうなど、2つの施設と3つの事業所があります。そこで働く職員を紹介します。

大兼久 ●岩永 ●橋間

職員 有料老人ホームふぉれすと小城


昭和男子の忍耐力を持つ 介護歴15年の大ベテラン
家族を大切にするマイホームお父さん


趣味はドライブと音楽鑑賞の大兼久(オオガネク)さんは、介護歴15年のベテラン職員。休日は家族とよく出かけるというマイホームお父さんです。座右の銘は「忍耐」というだけあって、一見無口で人見知りの大兼久さんにお話を伺ってみました。

Q 介護歴15年で印象に残る出来事などありましたか。
大兼久
 これまでいろんなご利用者様と出会ってきましたが、お一人お一人の対応というか反応の仕方が違うことです。

Q NEOに入って5ヶ月ですが記憶に残る言葉とかありましたか。
大兼久
 そうですね、新人研修で学んだ「三方良し」の言葉です。利用者様へのサービスが漠然としていましたが、その言葉を聞いて、何のため利用者様の目線でサービスを提供するのかがよくわかりました。

Q どのような施設にしたいですか。
大兼久
 やっぱり、利用者様の笑いが絶えない、この施設で過ごし続けたいといわれるような、そんな施設にしたいですね。

Q 櫛松施設長から何かコメントはありますか。
櫛松
 新人研修に参加してから、お客様への接し方が一皮むけた感じがします。でも座右の銘が「忍耐」とは・・・。私、誓っていじめてませんよ。頼りにしていますし。何に耐えているのか、今度こっそり教えてほしいです。

言葉数は少ないですが、しっかりと地に足がついた、落ち着きのある頼りになる大兼久さん。ご利用者様に忍耐強く接する、姿はさしずめ「昭和の男」といった感じです。櫛松施設長も一目置く大兼久さんの今後の活躍に期待大です。

職員 有料老人ホームふぉれすと小城


施設長も脱帽 ご利用者様、人気ナンバー1
ふぉれすと小城のオペラスター☆岩永さん


趣味はオペラ活動と囲碁という岩永さんの特技は「歌、お芝居のある場所ではどこでもなんとなくなじんでしまうこと」だそうです。実はオペラは本格派で東京での公演した経験の持ち主です。ボランティア活動で、施設を訪問することもしばしば。12月にはグループホームきぼう神埼でも公演され、ご利用者様も感動して涙を流されたそうです。「とりあえず楽しんでみる」が座右の銘という岩永さんに話を伺ってみました。

Q これまでで印象に残ったエピソードなどありますが。
岩永 慰問で歌を歌った時、利用者様のこれまで見たことないような、生き生きとした顔をみれたときに、感動しました。

Q ここで勉強になったことなどありますか。
岩永 4月からグループ企業になったため、これまでと違い、様々な職員の皆さんとの交流ができ、自分の中の幅を広げることができたと思います。ますます仕事が楽しく、かつ前向きになったと感じています。

Q この、ふぉれすと小城をどのような施設にしていきたいですか。
岩永 利用者様、ご家族様はもちろん、ここで働いている職員のみんながもっと笑顔がこぼれ、それでいて落ち着けるような居場所にできればと思っています。

Q 最後になりますが、櫛松施設長から何かありますか。
櫛松
 ふぉれすと小城のまさにスター☆岩永さん。レクリエーションが上手で特に歌声はプロレベルです。それでいて優しく頑張り屋さんで、利用者様からの人気ナンバー1です。私じゃなくてちょっと悔しいです…。

以前、子ども民謡クラブの慰問があり、子どもたちが帰ろうと玄関口に集まっているとき、岩永さんがご利用者様にハッピーバースディを歌われました。その歌声に、子どもたちも保護者の方も、圧倒的な声量と声の質の良さにどよめきが沸き上がりました。それだけでなく、身体からにじみ出ているような優しい笑顔と、人懐っこさ、極めつけはそのハートの強さ、まさに「人を幸せにするために生まれてきた」といっても言い過ぎではない岩永さん。他の施設からもオファーの声がひっきりなしです。ご利用者様だけでなく、NEOグループ、ナンバー1のスターです。次回の施設慰問の際は、一度足を運ばれることをお勧めします。

職員 デイサービスセンターよりあい兵庫


成長著しい、よりあい兵庫のセンター
お酒も佐賀も大好き佐賀マイスター 橋間さん


上は中学生になるお子さんがいる、橋間さん。最近、そのお子さんがデートしてくれなくなりましたと少し寂しそう。実は千葉県出身で、結婚して九州に来て15年だそうです。最近ハマっていることは「佐賀の良いとこめぐり」だそうで、観光地や美味しい食事処にお酒を楽しんでいるそうです。佐賀県出身者より、佐賀の良いところを知っているかもしれません。そんな橋間さんに話を伺いました。

― 千葉から見知らぬ土地(佐賀)にきてどうでしたか。
橋間 千葉県出身で千葉育ちでしたが、結婚して九州に来て、とにかく食べ物が美味しいことに感動しました!なんていい所に来たんだ~!と頭の中で万歳したことを覚えてます。あれから早15年(福岡→佐賀)・・今ではすっかり九州の魅力に取り付かれ、この土地に骨をうずめる気持ちです。特に佐賀県は、食べ物の他に日本酒、自然、そしてなんと言っても人が温かくて、最高です!!これからも佐賀の魅力をいっぱい堪能していきたいと思います。

― NEOにきて初めて介護の仕事をされたそうで、介護の仕事はどうでした?
橋間 二年前、介護の仕事を全くの無知で始めさせて頂いて、不安と驚きの連続でした。と同時に、利用者様達の優しさや、しっかり指導して下さる先輩スタッフの方達に支えられ、徐々に楽しいと感じられる様になりました。今では楽しさだけでなく、生命も関わる仕事なので毎日緊張もしますが、これからもっとスキルを向上させて、信頼される介護スタッフになりたいと思っています。記憶に残る言葉は、利用者様からの「あんたに介護されてうれしかよ~」です。

― よりあい兵庫をどのような施設にしていきたいですか。
橋間 誰が来られても、明るく笑顔いっぱいですね~!と感じて頂ける施設。今でもそうだと思っていますが、さらに皆様に元気になって頂ける様に頑張ります。

― 最後に小谷施設長から何かありますか?
小谷 ほっそりした身体からは想像つきませんが、かなりの酒豪だそうです。米処東北に親戚がいて辛口の酒で鍛えたとの事ですよ。また、プライベートでは、中学生のお母さんでもあり部活の送迎等充実した日々を過ごされ、教育熱心なお母さんです。仕事では、資格取得のため現在学校に通いながら勤務され、新人教育担当として日々奮闘されている頑張り屋さんです。

ありがとうございました。仕事もプライベートも充実した日々を送る、元気いっぱいのママさん職員の橋間さん。可愛らしい印象とは裏腹で、日本酒がとてもお好きで、数々の武勇伝もあっけらかんと話す、とてもおおらかでほんわかした人柄がとても印象的です。現在、実務者研修取得のため、勤務を調整しながら勉強中で、よりあい兵庫のスタッフ全員が応援しています。ご利用者様をはじめ、みんなから愛される橋間さん。よりあい兵庫の不動のセンターはまだまだ成長過程です。温かく見守ってください。






pagetop