株式会社ライフサポートNEO

佐賀県神埼市神埼町鶴1321 TEL:0952-53-8887 FAX:0952-53-8887
 

【身体介護サービス】に密着取材しました!

1月12日(火)ヘルパーステーションきぼう神埼センターの身体介護サービスに密着取材いたしました!!

前回、ヘルパーステーションきぼう神埼センターの訪問介護サービスをご紹介しましたが、今回は第二弾として身体介護サービスをご紹介いたします。

身体介護サービスとは、ご利用者さまの身体に直接触れて行う介助サービスのことで、
入浴介助、清拭(体拭き)、着替えの介助、移動・車椅子などへの移乗介助、体位交換、排泄介助、食事の介助、口腔ケア(歯磨き介助)、服薬介助、起床・就寝介助などがあります。

本日のお仕事密着させて頂く職員はこちら。

内川さんです。

入社4ヶ月の初々しい職員ですが、
既に1日8~9件の訪問をこなす優秀な人材です。
今回の慣れない取材には少々緊張気味でしたが、いつもと同じようにがんばって頂きました!


★出発


今日の訪問先は、同施設内の有料老人ホームハーモニーライフきぼうに入居されている利用者様です。

さてそれでは事務所を出発です。


歩いて数秒、利用者様のお部屋へ到着です。

「こんにちは~」

元気良くお声がけしてお部屋へ。


今回取材させて頂いた利用者様は、朝・昼・夕に身体介護サービスをご利用になられています。そのうち、今回はお昼の時間を取材させて頂きました。

まずは、水分補給やバイタルチェック。利用者様の血圧や体温などを計ります。
その後おむつ交換をさせて頂きます。

この日は今にも雨が降ってきそうな曇り空でしたが、カーテンを開けると窓いっぱいに日差しが差し込み、お部屋が一段と明るくなりました。

利用者さまのお部屋の窓からはのどかな田園風景が見えます。



朝から元気がある利用者様でしたが、血圧が少し高いため、心配した石丸主任も様子を見にきました。
職員のお声がけにしっかりお返事される利用者様。一安心です。

カメラを向けているのも気づかれたようで、興味津々に

「なんば写しよると?」

と聞かれていました。


そうしているうちに、利用者様のご家族がいらっしゃいました。

気づかれた利用者様はとても嬉しそうです。

ご家族パワー、素晴らしいですね。

ご家族とお会いするこの時間は、入居状況のご説明を行う貴重な時間にもなります。

この日の利用者様の状態はもちろん、
ベッドのマット交換などについて説明させて頂きました。

さて、これから食事の介助です。

今日のお昼ご飯はこちらです。

全て利用者様が食べやすいよう細かく刻んでいます。

サバの塩焼きとレタス、おくらとしめじの和え物、切り干し大根の煮物、デザートにりんご、ご飯とお味噌汁です。

この日、利用者様が車椅子に座って食事したいと言われました。

こちらの利用者様は先月退院されたばかりで、苑に戻ってからもお元気がなく、職員はとても心配していました。それから毎日通わせて頂く中で、お声がけに対する反応に徐々に変化が見えてきて、みるみる元気になられたそうです。

そして取材のこの日、退院後初めてベッドの上ではなく車椅子に座って食事をするまでに回復しました!!職員も大喜びです!

今回の車椅子までの介助はベテランの石丸主任が行いました。

座るや否や食事を手に取る利用者様。朝からとても食欲があるそうです。

見ているみんなに笑みがこぼれます。

昔は写真に写るのが苦手だったいう利用者様ですが、今日は何度もカメラに向かってポーズをして頂きました。

ありがとうございます!!

今回、身体介護サービスをご利用になった利用者様とそのご家族です。

利用者様はカメラを撮る私にも
「ありがとう」と何度もお声をかけてくださり、とても嬉しかったです。

ご家族の方にも撮影にご協力頂きまして、本当にありがとうございました。



今回は身体介護サービスをご報告させて頂きました。

ヘルパーは、ご利用者様との密な関わり合いをもつサービスですので、ご利用者さまへの情も自然に芽生え、家族のように思えてきます。石丸主任は今回取材させて頂いたご利用者様が、苑に戻られて元気になられたのが本当に嬉しいとおっしゃっていました。
ご利用者さまを思う、その気持ちがご利用者さまとそのご家族の皆さまに伝わっているからなのではないでしょうか。

これからも、ご利用者さまとそのご家族の皆さまに安心して頂けるよう、職員一同がんばってまいります!
pagetop