株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510
 

【よもぎ餅を囲んでお茶会】を開催しました!

4月11日(月)にデイサービスよりあい兵庫ではよもぎ餅を囲んでお茶会を開催しました。
 4月5日予定していた、お茶会は花見などで延期になり、11日(月)に開かれました。実はこの日は、53歳を自称する女性スタッフの誕生日。よもぎ餅(ふつ餅)でささやかなお祝いしました。

■何つくる?ふつうの餅?

 蒸しあがったもち米を電動餅つき機でコネながら、利用者様を食卓テーブルにご誘導します。「○○さん、今日は何を作るでしょう?」と尋ねると、○○さんは「ふつうの餅」と答えます。「ふつ餅ですよ」とスタッフ。どうやら○○さんおジョークだったようです。
 一方でスタッフは餅状になってきたお餅に解凍したよもぎをいれます。次第にウグイス色に染まっていくお餅をみて、利用者様は「色のきれいかねー」と感嘆の声をあげられます。

■待ちきれないご様子
 テーブルでは粒あんをたこ焼き大に丸めます。女性の利用者様はさすがに手慣れたもので、大きさも均等にきれいに丸められます。「私はこしあんが好いとー」。「私は粒あんかな」、そんな会話を楽しんでいると、すーっと、あんこに手が。「あっ、だめですよ。つまみ食いしたら」とスタッフからたしなめられる○○さん。あんこ物が大好物だそうで、我慢できないご様子でした。

■道の駅で売ろうか?
 つき上がったお餅に小さく切り分け、ご利用者様と一緒に仕上げに入ります。ここでも女性の利用者様が大活躍されます。起用にあんこを包み、お土産用も合わせ80個ほどのふつ餅が完成です。中には、変わり種というか餃子の形をしたふつ餅もありました。取材班が「きれいな形をしたふつ餅ですね」というと、利用者様も満足そうでした。「道の駅で売ろうか」との声も上がりました。

■春色と春の香りを楽しむ
 「みなさん、慌てないでゆっくり食べてください」。1時間ほどかけて作ったよもぎ餅。春色と春の香りを楽しみながらおいしそうにほおばっていました。あまりのおいしさに、どうやら利用者の皆様はスタッフの誕生日をお忘れになったご様子でした。
 せっかくですので、主役(?)のスタッフに話を伺うと、よもぎはできるだけ綺麗な物をと思い、郊外で摘んできたそうです。「すこしでも体に良いものをと思って」と話していました。
 利用者様の笑顔が、一番の誕生日プレゼントかもしれません。




 スタッフの愛情がいっぱい詰まった「よりあい兵庫」は現在満杯状態で、伺った時も、お客様にお断りの連絡を入れなければならないほどです。日によって空いている場合もありますので、ご希望の際は、一度ご連絡頂ければと思います。




 ▲テーブルについて楽しそうに完成を待つ利用者様

 ▲餅を切り分けるスタッフ。待ち遠しそうにそれを見つめるご利用者様

 ▲昔取ったきねづか。手慣れた手つきふつ餅を作る利用者様





▲完成したよもぎ餅を楽しむご利用者様。中には食べたりない方も。
pagetop