株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510
 

お買い物代行サービスに密着しました!

 4月27日(火)にヘルパーステーションきぼう神埼の「お買物代行サービス」に密着しました。今回で第4弾となるヘルパー密着取材は「神埼・高速道路付近」編です。サービス提供者は、美人すぎるヘルパー・きぼうのエルサこと、北原さん(○○歳)です。



▲ご利用者様の依頼を聞き、すぐさにメモする北原さん

▲1件目の江○鮮魚店で注文を確認。

▲車に乗り込み次のお店へ

▲「どうしよう?」。目当ての商品がなく、卸屋さんに向かう北原さん。予定外の出来事で時間が迫るなか足早に卸屋さんにむかう。

▲ありました。やっとお目当ての商品に出会い、笑顔が戻ります。



▲ご利用者様のご自宅に戻り、商品を冷蔵庫に入れるとすぐに、ポータブルトイレの掃除をはじめます。


▲サービス提供が終わって次の場所に向かう北原さん。
 「少し緊張しています」。
 そんな風には見えないけどと言うと「だめなんですよ」としきりに照れ笑いの北原さん。待ち合わせ場所でそんなあいさつを交わすと、早速ご利用者様の元に向かいます。

■タイムリミットは1時間

 「こんにちは」と、あいさつを交わしご利用者様のいらっしゃる部屋に向かいます。
 ご利用者様は現在89歳の男性で、奥様と2人暮らしです。この日は、奥様も体調が芳しくなく、横になられていました。ご主人は事故で脊髄を損傷し、和室の室内も這って移動されるそうです。

 北原さんの顔も見ると、まるで孫が遊びに来たように満面の笑みで歓迎されます。横になられている奥様の様子を気遣いながら、ご主人から今日の買物の内容を聞きます。

 「最近たけのこばっかりけん、刺身ばこうてきて(買ってきて)」。
 「江○鮮魚店ですよね」と北原さん。

 その日は、いつもより気温も湿度も高く、気分がすぐれないためか、冷たいものがほしいとおっしゃられ 「そいぎ、ゆうがくかんでアイスば買ってきて」「このぐらいの大きさの270円すっとば」と身振り手振りで注文されます。
 北原さんは「えっ、270円もすっ、アイスのあっとですか?」「ゆうがくかん、ってどの辺ににありますか?」と困惑顔。「ハーゲンダッツのことですか」。「そいそい」。「じゃバニラでよかですね」と確認し、早速ミッションスタートです。制限時間は1時間。訪問ヘルパーの腕の見せ所です。

■バニラ味のアイスが「無い」
 車に戻ると早速、サービス提供責任者の石丸主任に連絡をいれ「ゆうがくかん(遊学館)」の場所を確認し、江○鮮魚店に向かいます。神埼駅通り商店街から小道に入り、目的地に到着。足早に店内に入り、商品を吟味します。ほどなくして、さばきたての「お刺身」を受け取り代金を支払い、急いで車に乗り込みます。

 次は、「吉野ヶ里遊学館」です。ここは小さな道の駅といったお店で、そこでアイスを探します。「どこにあっとかな?」と店員さんに聞くと、レジのすぐ横にありました。ハーゲンダッツではなく「○ルンのアイス」でした。ところがそこにあったのは「イチゴ味」が1個。事件です。「どうしよう?」。悩む北原さん。店員さんに頼んで仕入れ先に確認してもらいます。想定外の事態に北原さんは頭の中で時間配分を組みなおしているようです。
 納品先を聞いて「あーっ、○○の近くですね」と場所を確認すると、直ぐさに目的地に向かいます。

■商品をゲット ほっとひと安心
 5分ほどで目的地につきました。しかし、店舗には店員さんはいません。慌てて奥の事務所のドアをたたき、ようやく店員さんが出てきました。店舗の入口にまわり商品を受け取ると、北原さんは爽やかな笑顔を見せてくれました。「よかったーっ」。保冷剤を入れてもらい、急いでご利用者様のお宅に向かいます。

 ご利用者様宅に到着。商品を冷蔵庫に入れ事務処理をすまし任務完了です。と思ったのもつかの間、今度はポータブルトイレの掃除を始めます。それが終わると、また 実施報告書を記入し、1時間の訪問業務が無事終わりました。

 取材班に「お疲れさまでした」と晴れやかな笑顔であいさつし、あわただしく次の訪問先に向かう北原さん。サービス提供だけでなく、ご利用者様に爽やかな風も提供してくれました。


◎作業効率が悪くても、どうして「実施記録」を2回に分けて書くのか、石丸主任に聞いてみました。

【Q】お買い物の料金を精算して1回、トイレ掃除でまた記録を書く。全体のサービスが終わって「実施記録」を書く方が作業効率いいのでは。

【石丸】そうですね。でもご利用者様から大切なお金を預かってますから、効率が悪くても、この作業はご利用者様に安心と信頼を提供するうえで、一番大切なサービスだと思います。


 取材のご協力をいただいたご利用者様、取材に向け準備をいただいたヘルパーステーションきぼうの皆様、ありがとうございました。

ヘルパーステーションきぼうは365日、笑顔で営業しています。
☎(0952)29-2502(担当:石丸)


pagetop