株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510
 

【とりごえ荘 あじさいバスツアー】を開催しました!

 6月13日(月)に有料老人ホームきぼう原古賀センターと小規模多機能きぼう原古賀センターは初の合同でとりごえ荘あじさいバスツアーを開催しました。ツアーにはスタッフも合わせて38名が参加するなど、大がかりな企画となりました。参加者は鳥栖市の河内ダム湖畔にある、とりごえ荘の豪華なバイキング料理に舌鼓を打たれ紫陽花ならぬ、「味」の「彩(いろどり)」満喫されました。この「味彩(アジサイ)」ツアーに参加されたご利用者様は「もう食べきらんというほど食べた」と満足気に話していらっしゃいました。


▲アジサイ(?)がにこやかにお出迎え

▲食いしん坊の聖地、バイキングに、いざ出陣

▲スタッフも思わず笑みが漏れます。

▲「アジサイを触ると、縁起がいいですよ」とスタッフ。

▲さあ、いよいよお食事の時間です。意気揚々と案内するスタッフ。

▲ご利用者様も足取り軽やかにテーブルに向かいます。

▲感激のあまりついつい身を乗り出すご利用者様も。ご高齢の方にとってバイキング形式は行きにくい場所です。

▲注文を聞き急いで、食材をよそおうスタッフの面々。

▲テーブルでもおいしそうに食べられるご利用者様。みなさん食欲旺盛です。

▲さあ、帰り支度です。

▲「たのしかった~」。お出迎えのスタッフに笑顔で応えられます。

■アジサイの妖精?が降臨

 原古賀センターをマイクロバス(きぼう号)1台と社用車4台に分乗し、予定通り原古賀センターを出発し、30分ほどで目的地・「とりごえ温泉 栖(すみか)の宿」に到着しました。
 取材班が早速撮影を開始しようとすると、何やら見慣れない植物が声をかけてきました。そこにはアジサイのかぶり物をした、NEOのスイートピーこと蒲池リーダーが手を振っています。「製作費600円(税別)」で作ったそうで、「アジサイ娘?」になり切っていました。ふと、見ると今度は頭からヒマワリが生えている男性スタッフが一人。

 「あっ、ヒマッシーがいる」。

 聞くと「蒲池さんがアジサイだって聞いたもんで、僕はヒマワリでいきました」と、蔵上センターの男性スタッフ。同センターのご利用者様もいらしゃるため応援に来ていました。

■ケアが難しい、バイキング形式
 ご利用者様を車からロビーまで20分ちかくかけてゆっくりと案内します。そこで開店まで少し時間があり、スタッフと懇談しながら、待ちます。
 ようやく開店時間になると、スタッフはホールで、テーブルや配膳のレイアウトを確認しながらミーティングします。今まではなかった風景ですが、さすがにこの人数と、バイキング形式の食事です。車椅子などで思うように動くことができないご利用者様を、どうケアしていくか、綿密に打ち合わせをします。「基本はご利用者様に直接取って頂くでなく、注文を聞いて、配膳までスタッフでやりましょう」。ケアの準備は万全です。

■機敏な対応で 「ケア」に死角なし
 いよいよホールにご利用者様を案内します。香ばしさと甘い香りが店内に漂うなか、皆様は意気揚々と席に向かわれます。スタッフが案内し終わると、早速、注文を伺い、料理の元に向かいます。2往復、3往復、ひたすら行ったり来たりしながら、「○○さん、てんぷら~ッ」と声をかけられ、すぐさにテーブルに運びます。「ケア」に死角なしです。

 30分ほどでご利用者様の箸もとまり、ようやくスタッフが食事をとります。それもつかの間、服薬のケアをしたり、用足しの案内と機敏に対応します。そして無事に、皆様を車に移動していただき、苑に到着しました。

■午前の顔より生き生き顔
 苑には、江口施設長を始め、お留守番の職員が出迎えます。ご利用者様の満足顔に、留守番のスタッフも思わず笑みがこぼれます。
 ご利用者様は施設の車に移動され、それぞれが、それぞれの施設に戻られます。
 一組のスタッフとご利用者様にカメラを向けると「どんだけ~」と明るくポーズを決めてくれました。午前の顔より明らかに生き生きされています。

■笑顔すごして頂き「うれしい」です。
 当初、バイキングでの食事での「ケア」は難しいのではと懸念されていましたが、十分とは言えませんが無事、ご利用者様のご要望をかなえることができました。
 この企画を立案から携わった、蒲池リーダーは「天候にも恵まれ、目標である安心、安全で皆様に笑顔で過ごしていただくことができて 本当にうれしく思います」と感想を寄せてくれました。また、7月には「昭和」をテーマにイベントを計画中で、「どれみそら♪ひばり」がゲスト出演の予定だそうです。

 住宅型有料老人ホームが空室「1床」、小規模多機能型きぼう原古賀センターが「1名」の登録空きがあります。お気軽にお電話ください。☎0942-83-7926


▲NEO非公認、癒しキャラ「ヒマッシー」。遊びに来ていた小学生に頼まれ、記念写真。(ご家族様の掲載許可はいただいております)



 最後に、快く場所の提供と取材を了解いただいた上、良質でおいしい料理をご提供くださった「とりごえ温泉 栖の宿」の支配人様およびスタッフの皆様、ご協力ありがとうございました。ちなみにバイキングの料金は1,200円(中学生以上)だそうで、65歳以上は1,000円です。





pagetop