株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510
 

【あじさい寺にあじさい見学】に行きました。

 6月17日(金)に小規模多機能きぼう蔵上センターは、久留米市山本町にある千光寺(通称・あじさい寺)にあじさい見学に出かけました。休憩をはさみ片道40分程度のかけてのドライブとなりましたが見事な、あじさいの楽園に、ご利用者様は「きれいか~」の連発で大感激のご様子でした。


▲出発の準備です。

▲千光寺の案内所前の坂道で、車椅子を押す菊池施設長。さすがに苦戦しています(汗)。

▲やっと(?)案内所に到着。早速記念撮影。その明るい雰囲気に、通行人も思わず笑みが。

▲園内を散策する、蔵上一行。

▲杖を使い歩行されるご利用者様を誘導されるご利用者様。

▲終始ごきげんなご様子のご利用者様と菊池施設長。実は菊池施設長は、お母さんも娘さんも、そしてご本人も1月1日生まれだそうです。「キセキの世代」を上回る、まさに「キセキの三世代」です。

■すでに馴染んでいらっしゃいます
 施設に伺うと、NEOの「アクビちゃん」こと菊池施設長はごきげんです。前回伺ったときはお留守番でしたが、今回は同行するとのことです。イベント好きは健在です。
 蔵上のご利用者様で、ムードメーカーでもある○○さんも行く気満々です。
 この日、初めて当施設をご利用頂くご利用者様もいらっしゃいました。取材後にそのことを聞いて、びっくり。十分すぎるほど馴染んでいらっしゃいました。

■施設長 坂道に苦戦
 車に乗車していただくと出発です。30分ほど行くと、道の駅でトイレ休憩を済ませ、10分ほどで目的地のあじさい寺・千光寺に到着です。平日にもかかららず、一般のお客様もいらっしゃいましたが、ここでも他の介護施設が見学にみえられていました。。
 ご利用者様3名に車椅子に乗って頂き、あじあい園内に向かいます。料金所前にある坂は傾斜もあり、車椅子を押すスタッフも力が入ります。男性スタッフも坂道に少々てこずりながらも園内に入ると、登頂を記念してか(?)早速記念撮影です。心なしか、菊池施設長の息が切れています。

■大活躍 蔵上の級長さん
 山の斜面を切り取ったところに、あじさいの花が彩ります。紫、ピンク、青、中には純白のあじさいもありました。「私はピンクが好きだな~」、そんな会話をしながら園内を回ります。  先ほど紹介したムードメーカーの○○さん。実は写真を撮られるのが大好きで、取材班と目が合うと、「撮って」とポーズをとられます。また、スタッフにも非常に協力的で、車椅子を押すのを手伝っていただいたり、時には、杖をご利用される方の手を引いて案内されるなど、蔵上の学級委員(級長)さんです。

■学名(?) なんとかという花
 小道には敷き砂利が敷いてあり、緩やかな傾斜とはいえ、車椅子は思うように進みませんが、苦戦しながらも押進めます。

  「○○さん、このアジサイなんとかという花ですよね」。
  「・・・。」。
 別のスタッフは「そうです。なんとかという花の名前ですよ(笑い)」。

 結局、わからずじまいではありましたが、「学名・なとかという花」で納得され、ご利用者様も一緒に笑うしかありませんでした。
 そうした他愛のない会話を、ご利用者様と一緒に楽しみながら、我が家(苑)に無事もどりました。

 自宅にいるようなリラックスできる雰囲気づくりに努める、蔵上のスタッフ。「他愛のない会話」を一緒に楽しめ、笑える雰囲気だからこそ、初めてのご利用者も無理なく溶け込める、そう感じさせてくれた、あじさい見学でした。
 

 小規模多機能きぼう蔵上センターで、5月末で登録空きが「残り9名」です。「見学」「通いサービス体験」は随時受付けています。電話 0942-80-3463(菊池)



pagetop