株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510
 

【しゃくなげの里バスツアー】を開催しました!

 7月12日(火)にグループホームきぼう神埼センターでは富士町にある「しゃくなげの里バスツアー」を開催しました。天候は大荒れ続きの中、開催が危ぶまれましたが、奇跡的に雨に見舞われることなく無事、ツアーを敢行することができました。


▲天候不順でもご利用者様は笑顔満開です。

▲目的地に到着です。少し日も差してきました。

▲スタッフが一番楽しんでいるようです。

▲ほぼ貸し切り状態の店内の風景。

▲今回のツアー一番の「美味しい顔」です。

▲自然を見ると男はロマンを語りだします?ご利用者様とスタッフ、男同士の友情が芽生えます。

▲車椅子からみた風景を写真に収められてきたご利用者様。同センターにも写真が飾られています。


▲道の駅でお買い物です。

▲小雨がぱらついてきましたが、数分後には雨は上がりました。

▲「たのしかったばい」。笑顔で帰苑されるご利用者様とお留守番のスタッフ。


■目的地周辺に不穏な雨雲が
 施設に伺うと、ご利用者様は体操で腹ごなしをされていました。食べる準備は万端のご様子です。しかし、空はすぐれません。いつものように、ご利用者様を、マイクロバス「きぼう号」に誘導すると、何やら風が強くなってきました。
 目的地・富士町方面を見ると雨雲に覆われています。どうやら雨がもたらした風のようです。不安がよぎる中、出発です。

 施設から40分程かかる、しゃくなげの里。大和町あたりから雨が降り出し、富士町に入ると土砂降りです。しかし、目的地付近に着くと天気は和らぎ、雨も収まりました。

 先発隊が事前にシルバーカーを準備したおかげでスムーズに、到着したご利用者様を、しゃくなげの里にある「レストラン風樹」に案内することができました。

■風景を楽しまれる写真家のご利用者様
 店内はほぼ貸し切り状態です。メニューは、お店自慢の「四季ご膳」。富士町の季節の品々を使った料理で、青汁もついています。
 窓からは嘉瀬川ダムが見渡せるロケーション。テラスからは風を感じながら食事ができそうです。
 食事を楽しみながら、過ごします。すると食べ終えたご利用者様がしきりガラス越しに写真を撮っていらっしゃいした。

 話を伺うと、ガラスに張られている英語で嘉瀬川ダムの貯水量が書かれたシート(シール)を空の景色に重ね合わせた写真を撮っているとのことでした。見せていただくと、合成写真と見間違えるような、非日常的な景色が収められていました。

 このご利用者様は車椅子をご利用になられており、会社勤めされていた時から写真は趣味だそうで、「(写真)仲間内ではデジタルカメラを最初に使った」そうです。神埼センターの玄関には、デイサービスの日常を切り取った写真が飾られ、賞もいただいていらっしゃいます。

■大人買いを超えた神の領域
 それぞれの時間を楽しみながら、館内にある食料品を扱うお店でお買い物をされていらっしゃる方もありました。すると男性スタッフの一人が

 「やっぱり、○○さんは豪快。目の前にあるお菓子を全部買われました。大人買いを通り越した、神の領域の買物ですよ」と、少し興奮気味で話してくれました。

■誰が晴れ男・女? 雨に濡れることなく
 程なくして今度は別の女性スタッフが、「やっぱり私は晴れ女よ」としきりに話し、これまでのイベントにまつわる晴れ物語を語ります。
 そういえば、先ほど男性スタッフも同じようなことを言っていました。

 帰り時間になると、小雨がぱらついていましたが、しばらくすると雨は収まり、途中立ち寄った、大和町にある道の駅でも雨は降りませんでした。

 ご利用者様を雨に濡らすこともなく元気に苑に案内することができ、うっとおしい雨の季節の中、ご利用者様の心を晴天にしたバスツアーでした。



 自称、晴れ男と晴れ女のスタッフがいる、デイサービスきぼう神埼センターは、天候だけでなく、ご利用者様の心を晴天にするスペシャリストぞろいです。現在、「送迎」「入浴」しかも「食事つき」の無料体験サービスを募集しています。吉田施設長の日隈山から飛び降りた位の大決断でサービスをご提供させていただきます。無理な勧誘は絶対いたしませんので、安心してご連絡ください。
電話 0952-53-8874

pagetop