株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510
 

【七夕神社(小郡市)】に行ってきました。

7月14日(木)に小規模多機能きぼう蔵上センターは、ご利用者様の願い事をかなえるため小郡市にある七夕神社に行きました。


 七夕神社の見学は、きぼう蔵上・七夕まつりの第二弾。第一弾の夕食会は七夕の日に開催。七夕チラシ寿司を囲んで、「ちょっとした夜遊び」(ご利用者様いわく)を楽しまれたそうです。七夕神社は、別名「恋人の聖地」とも称されるそうで、ご利用者様もスタッフも短冊に願いをしたためてきました。

▲この坂を上ると「恋人の聖地」七夕神社に到着です。

▲まずは水で手を清めるご利用者様。

▲願いことが叶いますように。真剣にお願いする菊池施設長。

▲神様の試練。何のそのそれをケアするのが介護士の使命です。

▲願い事をササに結ぶご利用者様。来世で叶えたい願い事だそうです。

▲働き者だった彦星と元気印の織姫です。

▲ぬっかね~。アイス食べたいね。藤棚で涼むご利用者様。

▲四文字熟語クイズで楽しみます。

▲スタッフも一緒にお勉強です。


■願いことがないしあわせ
 蔵上センターを出発し途中、道を間違えることもありましたが、30分余りで無事目的地に着きました。
 到着すると、神社入り口には傾斜角度が20度はありそうな急な坂が待ち受けます。スタッフも息を切らしながらも車椅子を誘導し、境内に入りました。

 早速、手を清め、神社に参ります。左右にササが飾られ、短冊が下げられています。その横には記帳所があり、そこで短冊に願いことを書くようです。

 短冊「1枚100円」。料金箱がありません。
 「え~っ。お金どこにいるっと?」
 困惑しながら、料金箱を探すスタッフ。どうやら賽銭箱に入れるそうです。

 記帳所で思い思いの願いをお書きになるご利用者の皆様。

 「うちはな~んもほしいものはなか」

 すでに願い事がかなっていらっしゃるご様子で、お幸せです。
 なかには「大金持ちになりたい」と書かれたご利用者様もいらっしゃり、スタッフが「え~っ。○○さんはもう十分じゃないですか」というと、その方もにっこり。まだまだやりたいことだらけのご様子です。

■施設長の願い事は・・・
 NEOのアクビちゃんこと菊池施設長に何を書いたか聞いてみると、「○○○」だそうす。、関係者以外(蔵上センターの利用者様とスタッフ)はヒミツだそうで、口止めされてしましました。おしゃべりが大好きな菊池施設長のことです、すぐ広まることでしょう。

 そうこうしながら、ご利用者様のたっての要望で、「恋人の聖地」と書かれ、天の川をモチーフにしたモニュメントの前で記念撮影。すぐそばにある藤棚で一休みし、ご利用者様のご所望のアイスクリームの待つ蔵上センターに戻りました。

■我が家のような施設 蔵上センター
 おやつ休憩後は「四文字熟語クイズ」の時間です。熟語の意味を当てていくもので、今もなお文学青年でいらっしゃる○○様はさすがで、次々と当てていかれます。

 「我が家のような施設にしたい」と語っていた菊池施設長。施設内に、まるで我が家のように、ずかずかと入っていらっしゃる利用者様の姿がとても印象に残りました。 


▼ただいまーっ。いま帰ってきたバイ。そんな声が聞こえてきそうな蔵上センター


 5月にオープンしたばかりの小規模多機能きぼう蔵上センターは6月末の登録空きは「7名」です。「見学」「通いサービス体験」は随時受付けていますので、お気軽にお電話ください。電話 0942-80-3463
pagetop