株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510
 

【きぼう納涼祭】を開催しました!

8月7日(日)、ご利用者様や日ごろお世話になっている地域の皆様への感謝の気持ちを込めた第4回きぼう納涼祭を開催しました。
グループホームきぼう原古賀センターなど4施設でつくる実行委員会(実行委員長:菊池リーダー)が主催。会場は有料老人ホームきぼう原古賀センター。原古賀の自治会長様や地域の皆様、さらには入居されているご利用者様のご家族も参加され、歌や踊りなどを楽しまれ、「来てよかった~」と話していらっしゃいました。なお、出店などでの売上の一部は原古賀地区に寄付するそうです。
  

▶演歌とジャズの融合したサウンドと歌声を聴きいるご利用者様。


▶負けず嫌いぞろいの皆さん。ご利用者様もスタッフも本気で優勝を狙います。


▶つわものぞろいの2組目。嵐の前の静けさ?まずは軽くお手合わせです。


▶昨年のリベンジに燃える古賀主任(写真右)。見事3組目の優勝です。


▶ハンディ30秒で見事接戦を制した1組目ご利用者様。スタッフから記念品の贈呈です。


▶スイカ早食い大会です。早食いながらもおいしそうに頬張るご利用者様。ご本人曰く「5年ぶり」だそうです。


▶炭坑節で盆踊りを踊る参加者の皆様。気持ちが一つになった瞬間でもありました。


▶音頭に合わせて一緒に炭坑節を踊られるご利用者様。



◆「すごいですね」。ジャズ演奏

スタッフ全員が浴衣姿でお客様をお出迎えするなか、実行委員長の菊池さん(蔵上センター施設長)が「今日は楽しんでください」とあいさつし、納涼祭が始まりました。

トップバッターは、「すずちゃんといけてるサックスの仲間たち」によるジャズ演奏です。ハワイアンウエディングソングを皮切りに『百年桜』など、計6曲を披露されました。音楽は外まで聞こえ、「すごいですね~」とアルトとテナーサックスの雰囲気あるサウンドと、躍動感のある歌声に感動されていました。

◆一方、出店も大盛況 完売の店舗も

一方、外の出店が大盛況で、真夏日のためか、ソーメン流しやかき氷に人が集まっていました。ソーメン流しではお子さん連れのご家族が楽しんでおられ、見事完売です。また焼き鳥も人気で、これもまた完売。室内にいらっしゃるご利用者様も注文するものの売り切れで少し残念そうでした。

◆ラムネにスイカの早食い大会

ジャズ演奏の興奮冷めやらぬ中、お待ちかねのラムネ早飲み大会です。ご利用者様や医療関係者様やスタッフも参加し、悪戦苦闘しながらラムネと格闘します。ラムネの玉が邪魔でなかなか飲めず苦戦されるご利用者様や炭酸で涙目になって必死に飲むスタッフなどの懸命な姿に大盛り上がりです。

次はスイカ早食い大会です。ここでもご利用者様が大活躍。みなさん最初は勢いよく頬張りますが、徐々にスローダウン。それでも、必死に飲み込みながら見事みなさん完食されました。

◆カラオケ大会 原古賀区長様も参戦

その後、お楽しみ抽選会やカラオケ大会で盛り上がります。カラオケ大会では原古賀の区長様や、ご利用者のご家族様も参加され、ご利用者様の手拍子に合わせ、素晴らしい歌声を披露していただきました。

◆盆踊りで、みなさんが一つに

宴もたけなわの中、きぼう納涼祭の締めは『炭坑節』です。足がまだまだお強いご利用者様をはじめみんなで輪になって踊ります。

「掘って、掘って」「担いで、担いで♪」。

スタッフの先導で楽しく盆踊りです。車椅子をご利用の方も、その場で楽しそうに上半身だけで踊られます。ご利用者様や車椅子をご利用の皆様、さらにご家族・地域やスタッフが「きぼうの地」で一つになった瞬間でもありました。



有料老人ホームやグループホームはいずれも満床ですが、予約の受付は随時受付けておりますので、お気軽にお電話ください。また小規模多機能きぼう原古賀センターは登録空きは「1名」、蔵上センターは「7名」となっています(7月末)。「見学」「通いサービス体験」も行っていますので、お電話お待ちしております。
▶連絡先はこちら

◆盛り上がったカラオケ大会◆


 



▲優勝賞品を手に大喜びのご利用者様。
pagetop