株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【カラオケ喫茶バスツアー】を開催しました!



 

大好評 第2回カラオケ喫茶バスツアー
初体験「カラオケに来れて幸せ」 92歳のご利用者様

有料老人ホームきぼう原古賀は、11月15日(火)、第2回カラオケ喫茶バスツアーを開催しました。この日に向け、準備されていたご利用者様。前日は風邪をひくといけないからと、入浴されなかった方もいらっしゃたそうです。また、カラオケに行ったことがないという92歳のご利用者様も一緒に楽しまれ、「カラオケに来れて幸せ」と奇跡の歌声を披露され、皆さんで素敵な一日を過ごされました。

◆コスプレでおもてなし スタッフ
施設をニコニコが顔で出発するご利用者様とスタッフ。赤白帽に体操服にハイソックスと「もう中学生」ならぬ「えっ?小学生」に扮したスタッフがいたかと思いきや、魔女の宅急便の主人公・キキに扮したスタッフ(筆者的には『ドクタースランプあられちゃん』の皿田きのこ)とコスプレ揃いのスタッフ。中でも異彩を放っていたのはチャイナ服姿の「テレサ・カマチ10」。ご利用者様の楽しみの一つ、ランチショーで盛り上げるようです。

◆ママさんの粋なはからい
マイクロバス「きぼう号」に乗り込み、20分ほどで目的地、「カラオケ喫茶なかむら」に到着です。ここは2回目で、音響が良いとご利用者様も大のお気に入りの場所です。ママさんとはもう顔なじみで、他の予約をキャンセルして、場所を提供していただきました。

◆はじめてのカラオケ 伴奏無しで熱唱
店内に入り早速、カラオケの開始です。蔵上センターの「なんちゃってカラオケ」で練習を積んだご利用者様は2人とも「喉をやられた」と不調を訴えられます。しかし、いざマイクを握ると明らかに前回より声の張りが違い、ご本人様たちも満足のご様子でした。蔵上のスタッフも「○○さん、今日は少し緊張しているみたい」と心配顔で声援を送ります。また、カラオケ初体験の92歳の女性ご利用者様も、伴奏無しで熱唱されました。

◆お待ちかね テレサ・カマチ10のランチショー
午前中の部が終わり、お待ちかねのテレサ・カマチ10のランチショーです。『時の流れに身をまかせ』が終わると、今度は妹の「ヤキンモーイヤン・ヒーヒー」が『ラブ・イズ・オーヴァー』を、最後にカマチヒバリが『カマチ音頭』を熱唱し、ご利用者様を楽しませました。

◆フィナーレ― 『リンゴの唄』を合唱
午後の部では次第に緊張がほぐれ、1曲も歌われていない方が歌われたり、立ち上がって声援を送るご利用者様もいらっしゃるなど次第に店内に一体感が生まれてきました。最後は有料老人ホームの居住者の皆様が夜いっしょに合唱されている『りんごの唄』などを歌いフィナーレです。

蒲池スタッフが皆さんに感想を尋ねると「今日は楽しませていただきました」「(スタッフに)感謝、感謝、感謝です」と大好評です。「ここは座り心地も良いし思いっきり歌える。来年も計画して」とリクエストもありました。


「感謝・三つ」をいただいた、有料老人ホームきぼう原古賀センターのおもてなし。現在「空室は1床」です。ご予約やご入室をご希望される方はお気軽にご連絡ください。☎0942-83-7926


▲さあ、原古賀を出発です。

▲全盲のためスタッフが歌詞をアシスト。

▲「気持ちが弾んで」と熱唱されます。

▲ムードある歌声にみなさんうっとり。

▲ペンライトで盛り上げます。

▲さあ出番です。嬉しそうにステージに。

▲立ち上がって声援を送ります。

▲今度はタンバリンに持ち替えて応援です。

▲感想を述べられるご利用者様。

▲誰より嬉しそうなのはスタッフ?

▲この日のために準備万端です。

▲伸びのある歌声を披露されます。

▲自由でなく「歌の女神」の応援です。

▲ジャニーズ・シニアに声援を送ります。

▲次第に一体感が生まれてきました。

▲手拍子するご利用者様。

▲みなさんで一緒に歌います。

▲ママさん(左)がお礼のごあいさつ。