株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【太宰府天満宮に初詣】に行きました!




 
 

「太宰府は何十年ぶり」涙ぐまれるご利用者様も 
昨年の倍 250個の梅が枝餅をお土産に


有料老人ホームきぼう原古賀は3施設(小規模原古賀と小規模蔵上)合同で1月26日(木)に太宰府天満宮に初詣に行きました。昨年は天候の都合で、4月開催となりましたが、今年は気持ちよい日本晴れで、絶好のバスツアーとなりました。目的地に着くとご利用者様は「何十年ぶりかにきた」と涙を浮かべて感動され、有意義なツアーとなりました。

■マイクロバスと苑車2台で出発
出発前はどのツアーもそうですが、ご利用者様だけでなく、スタッフの表情も生き生きしています。ご利用者様の身体状況を考えながら、「車椅子一台増やしますか?」と思案の結果、お隣のグループホームから、一台お借りして出発です。マイクロバス「NEO号」と苑車2台で目的地に向かいます。

■興奮。前日寝てないご利用者様も
40分ほどバスに揺られ、太宰府に到着です。駐車場も2か所分かれ、本日の休憩所、「大樟館」様に移動します。足がお強い方は、杖を片手に元気に移動されますが、途中お疲れで小休止。スタッフが「○○さん、楽しみであんまり寝てないんですよ」と気遣います。別のスタッフが寄り添い、車椅子の皆さんは目的地に向かいます。思ったより駐車場からの移動が大変で、時間もかかりましたが、皆様を安全に誘導することが出来ました。

■大きい梅が枝餅をお店からプレゼント
「大樟館」に着くと、早速昼食に入ります。食事の準備が予定より遅れており、スタッフも配膳を手伝いながら無事、食事をすませました。食事の後は、お待ちかねの「梅が枝餅」をいただきます。この梅が枝餅はお店からのプレゼントで、「ここの梅が枝餅は大きか」とスタッフも目を丸くします。ご利用者様もお土産用にと買われた個数は、なんと「250個余り」。蒲池スタッフは「昨年の倍ですよ」と驚きを隠せません。

■お孫さんが受験 「合格祈願」
しばらく休憩した後、お待ちかねの参拝です。前回より、今回は車椅子のご利用も多く、数回に分けてスタッフが案内します。手水舎で手を清め、桜門をくぐって、本殿に向かいます。「孫が今度受験すっとよ」とご利用者様。お孫さんのため合格祈願をされていらっしゃいました。次に向かったのは「おみくじ」。「小吉やった」と残念そうなご利用者様。スタッフも「吉」で、内容を読み上げてます。「実は今年、厄年なんですよ。前厄です」と、おみくじの内容に少し残念そうでした。皆さんで、おみくじを結んで御守りも買って、満足そうに太宰府天満宮を後にし、定刻より早めに施設に戻りました。


今回のツアーを企画した蒲池スタッフは、「昨年より皆様、足がだいぶ弱っていらっしゃって、歩くのがきつそうでした」とご利用者様の気を案じます。「来年は車椅子の方も増えるだろうから、その辺のケアも考えていかないと」と、大好評の企画だけに来年に向けて、すでにやる気満々です。


ご利用者様の満足度の高いイベントや企画が盛りだくさんの有料老人ホームきぼう原古賀センターは、現在「1名の空き」があります。また、同じ施設内にある小規模多機能きぼう原古賀は「通い」を中心に「泊る」「訪問」などの充実したサービスを提供しており、現在「登録募集中」です。またサテライト蔵上センターも「登録募集中」ですので遠慮なくお電話ください。
(有料老人ホームきぼう原古賀) ☎0942-83-7926
(小規模多機能きぼう原古賀)  ☎0942-83-7926
(小規模多機能きぼう蔵上)   ☎0942-80-3463


▲天気も良く絶好のお散歩日和です。

▲食欲旺盛なご利用者様。

▲「おみくじ」の朗読会?です。

▲参拝するご利用者とスタッフ。

▲お待ちかねのお食事です。

▲さあ、参拝に出発。坂道を気遣うスタッフ。

▲桜門をバックに記念写真