株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【バレンタインデーお茶会】を開催しました!






施設が「チャーリー蒲池のチョコレートケーキ工場」に
男性ご利用者様に甘い時間をプレゼントしました。

有料老人ホームきぼう原古賀は2月14日(火)、バレンタインデーお茶会を開催しました。おやつはモンブランケーキで、業務用のマロンペーストに生クリームを混ぜて作るなど渾身の逸品です。シェフ兼工場長は妄想20歳・メイドに扮した、チャーリー蒲池。スーシェフ兼主任には微妙に可愛い妄想年齢28歳のウォンカ馬場が担当します。作業員は当施設のご利用者様と、蔵上のご利用者様で、友情出演というより愛情出演だそうです。チャーリー蒲池のチョコレートケーキ工場に潜入しました。

■メイド姿の妄想のパテシエがお出迎え
施設に入ると、一瞬足が固まってしまった取材班。一言「やっぱり」。案の定、メイド姿で蒲池スタッフお出迎えです。決して期待を裏切らない、イベントのプロフェッショナルです。年齢設定は20歳だそうです。するとその前を横切り「こんにちは」といつも以上に声のトーンが高い、スタッフ。28歳に扮し大きな花飾りをつけた微妙に可愛い馬場スタッフもお出迎えしてくれました(おそらく小柄のためかも)。暴走ならぬ妄想のパテシエの誕生です。

■ご利用者様も作業員で「愛情出演」
ホワイエではすでに準備万端で、蔵上のご利用者様とスタッフ2人を待ち、到着すると、チャーリー蒲池さんの作業指示が始まります。ご利用者様2人は早速、甘栗を刻む作業に取り掛かります。その傍らで、大きな缶詰が、ドンとおかれます。「業務用しかなかったので、シフト(給食業者)から仕入れていただきました」とチャーリー蒲池さん。早速生クリームを混ぜますが、その固さに悪戦苦闘します。有料の女性ご利用者様も次々参加され、生クリームを絞る方、それに栗を入れて混ぜる方など、次第に作業が分担化されていきます。中には手が自由に動かない方も、一生懸命に生クリームを絞りだし、その懸命な姿にスタッフもご利用者様も「すごい。すごい」と大喝采です。さすが「愛」力です。

■手際よく流れ作業を30個 - 「手がプルプルです」スタッフ
30分ほどかけて愛情込めて作った、「マロペースト」も無事完成。チャーリー蒲池さんがようやく一品作り、最後にハート形のチョコレートを乗せて完成です。それを手本に、今後は蔵上のスタッフが大活躍です。流れ作業のように、少し硬めのマロンペーストを絞り、チョコレートソースをかけ、生クリームを絞ってと、それぞれ分担しながら腕をプルプルさせながらも、手際よく作業で進めます。最後は工場長のチャーリー蒲池さんが手をくわえ、完成です。その数30個。愛情あふれる一品が完成しました。

■男性ご利用者様に甘いひと時をプレゼント
館内放送で、男性のご利用者様をお招きし、「ハッピーバレンタインデー」の掛け声で、皆さんでおいしくいただきました。「ちょっと俺には甘すぎるかな?」と、少しはにかみながらも美味しそうに完食される厳正ご利用者様。男性ご利用者様にはとても甘すぎる一時を過ごして頂きました。

■お返しは、元祖昭和男子の男のスゥイーツ?
ところが、チャーリー蒲池さんの一言で一転します。「3月14日は今度は男性の皆さんのお返しの番で~す」。「えーッ」、ざわつかれる男性ご利用者様。「そがんとしきらん」「つくったこともなか」とご不満そうです。次回3月は「元祖昭和男子がつくる男の迷走スゥイーツ」、何ができるか早くも楽しみです。「せんべい」かそれとも市販品か…。妄想が広がります。
▶ブログもチェックしてください。

ちょっとした工夫と、ひと手間かけたイベントでご利用者様にご満足頂いている有料老人ホームきぼう原古賀センターは、現在「1床の空き」があります。予約は随時受付けていますので、お気軽にお電話ください。☎0942-83-7926



▲作業指示の打合せをするご利用者様。

▲甘栗の刻み作業を手伝うご利用者様。

▲チョコレートケーキの工場内です。

▲仕上げはチャーリー蒲池が担当。「美味しくなーれ」と魔法をかけます。


▲作業点検中の工場の主任・馬場スタッフ。

▲生クリームを懸命に絞られるご利用者様。

▲熟練の作業員?蔵上のスタッフ。

▲甘すぎる一時を楽しまれる男性ご利用者様。

pagetop