株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【日田天領ひな祭りバスツアー】を開催しました!






美味しいパンに甘酒 ― 小京都・豆田町を散策
街並み600メートルを元気に楽しみました。


有料老人ホームきぼう原古賀と小規模多機能きぼう蔵上センターは3月16日(木)に日田天領ひな祭りバスツアーを開催しました。施設から高速道路に乗り込むこと1時間余りで目的地の大分県日田市豆田町に到着。一行は、早速お目当てのパン屋さんで昼食を済ませ1時間余りかけて、江戸時代初期から九州の経済、文化の中心として栄え、九州の小京都とも呼ばれる日田・豆田町を散策し、心地よい1日を過ごして頂きました。

■美味しい水で作ったパンを堪能
ツアーには体調が芳しくないご利用者様も、ご家族様の後押しもあり、急きょ看護師のスタッフを増員して万全の態勢でツアーに参加していただきました。
最初に立ち寄ったパン屋さん(KOGURA)は古い蔵を改造して作った店内はとてもおしゃれで、パンも酒の仕込みにも使う水で作ったものです。ご利用者様も「おいしかね」と感激。クリームチーズパンやウインナーパンなどぺろりと平らげられました。

■酒蔵見学で甘酒を楽しみました。
腹ごしらえを終えた一行が次に向かったのはお店の目の前にある酒蔵資料館「薫長酒造」です。敷地内には趣のあるひな人形が展示されています。その奥に進むと、もう一つのお目当て「甘酒」がありました。ベンチに腰掛け、皆さん美味しそうに飲み干されます。「甘かくておいしか」と男性ご利用者様も満足されたご様子でした。

■日本一の杉げた(4メートル)を見学しました。
その後、街並みを歩きながら、傘屋さんや下がり雛などを取り扱うお店に足を止め、店員さんとの会話を楽しみながら、道の駅「元気の駅」に立ち寄りお買物をすませ、しばらく歩くと、なにやら大きなおひな様が展示されているお店があり、そこに立ち寄ることにしました。

店内には高さ4メートル、重さ1トンある「日本一の杉げた」が展示されてあり、皆さん「おおきか~っ」と感嘆の声を上げていらっしゃりました。この店は、げた以外にもお土産物も数多くあり、ご利用者様も娘さんへのお土産などを買われていらっしゃりました。なかには「しいたけは?」と乾燥しいたけを探される方もいらっしゃいました。する一人の女性ご利用者様が「蒲池さんは?」と悲しそうな目をされます。あちらで○○さんの買物を手伝っていますよというと、「置いていかれたかと思った」とほっとしたご様子でした。

■1時間かけてゆっくり街並みを楽しみました。
皆さん、1時間かけてゆっくり街並みを散策しながら、距離にして約600mの長旅を楽しまれました。バスに乗り込むご利用者様も、お疲れかと思いきやまだまだお元気で、スタッフとの会話に、皆様笑顔で応えていらっしゃいました。また体調が芳しくないご利用者様も何事もなく笑顔で過ごして頂くことができました。

ご利用者様の安心・安全に最善を注意しイベントやサービス提供を行っている有料老人ホームきぼう原古賀と小規模多機能きぼう蔵上センター。もう一つ大切にしているのが、ご利用者様の「笑顔」です。有料老人ホームは現在「空室が1床」あります。また蔵上センターも「登録募集中」ですので、皆様の連絡をお待ちしておりますので、お気軽にお電話ください。。
▶有料老人ホームきぼう原古賀 ☎0942-83-7926
▶小規模多機能きぼう蔵上センター ☎0942-80-3463



▲出発の準備です。バスに乗り込むご利用者様。

▲テーブルに並ぶパン。どれも美味しそうです。

▲「私が作った」とおどけるスタッフ。

▲資料館を後に次の目的地に向かうご一行。

▲日本一のゲタを背に日本一の笑顔を見せていただきました。




▲下見もばっちり。パンを選ぶスタッフ。

▲美味しい顔を見せていただきました。

▲甘酒をシブく召し上がる、違いのわかる男。

▲土産物に目移りするご利用者様。

▲きれいに一列に並んで散策される原・蔵ご一行。



pagetop