株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【吉野ヶ里・千坊館バスツアー】を開催しました!







きれいな景色もお弁当も買い物も サイコー!!
桜もお出迎え ― 吉野ヶ里・千坊館に行きました。


有料老人ホームきぼう原古賀と小規模多機能きぼう原古賀・蔵上の3施設は4月12日(水)に吉野ヶ里さざんか千坊館バスツアーを開催しました。この日は天候にも恵まれ、日中は汗ばむほどでした。昼食をとった施設の南側テラスからは佐賀平野が一望でき、そこでの食事は格別です。ご利用者様は「おいしか~っ」と伸びやかな響き渡る声で食事を満喫。スタッフも「その声が一番うれしい」と満足そうでした。

■運転手と取材班にサプライズ
ご利用者の皆様もにこやかにマイクロバスと苑車2台に分乗し、出発と思いきや、サプライズで、運転手(同社専務)と取材班(広報)に花をプレゼントしていただきました。ご利用者を代表してお二人から「いつもありがとう」のお言葉と一緒に手渡しされ、スタッフは「笑顔が素敵なご利用者様を人選しました」そうです。心温まる雰囲気の中、いざ、吉野ケ里・千坊館に出発です。

■ソメイヨシノがお出迎え 「残っててよかった」
バスの中では、スタッフが、参加者の皆さんの紹介や名所を案内しながら楽しみます。しだいに盛り上がり、皆さんで『春の歌』を歌いながら、30分程で目的地に到着しました。標高340mのこの場所には、わずかながら、ソメイヨシノやヒメシダレが咲いており、ご利用者様も「桜の残っとってよかった」と歓喜の声を上げていらっしゃいました。

■「外で食ぶっと美味しか」 ご利用者様
バスから降りると一行は早速、施設の南側にある、テラス風の広場に向かいます。すると目前には広大な佐賀平野が広がります。あいにく靄がかかっていましたが、340mから見た景色は格別です。スタッフがテーブルに案内し終えると、早速お食事会です。テーブルごとにスタッフを配置し、会話と食事のケアをしながら、「天気のよかし、外で食ぶっと美味しか」と皆さん美味しそうにお弁当を召し上がりになります。

佐賀平野をバックに「今日はサイコー」ポーズ
食事を終え、服薬ケアが終わると、早速お買物です。順番でスタッフが案内し、お買い物を楽しまれます。「これじゃなかとですか」とお目当ての商品を手に取り、吟味します。天然水を使ったパン屋や、人気のコロッケを注文されるなど、それぞれに楽しまれ、最後は佐賀平野をバックに、「今日はサイコー」ポーズで記念写真を全員で撮りました。

千坊館では2時間余りの時間でしたが、ご利用者様もとても満足され、「天気のようして良かった~っ」と感想を述べられていました。また次の日、ご利用者様は「昨日はよう眠た」と、とてもぐっすり睡眠をとられたそうです。


ご利用者様の「きぼう」を叶えるため、定期的なバスツアーや思考を凝らしたイベントを開催する、有料老人ホームきぼう原古賀や小規模多機能きぼう原古賀と蔵上は現在、「入居者」や「ご利用の登録者」を募集しています。介護でご苦労されているご利用者様やご家族様のきっと力になれるはずです。介護の相談も受付けていますので、お気軽にお電話ください。
▶有料老人ホームきぼう原古賀センター ☎0942-83-7926
▶小規模多機能きぼう原古賀センター ☎0942-83-7926
▶サテライト小規模多機能きぼう蔵上センター ☎0942-80-3463



▲出発の準備です。車に乗り込むご利用者様。

▲バスの他、苑車2台に分乗し案内します。

▲道路わきの桜もまだ咲いています。

▲道の駅では地元商品がずらりと並びます。

▲目的地に到着。早速、テラスに案内します。

▲嬉しそうに弁当を運ぶスタッフ。

▲「春が私を変えました」。陽気なスタッフ。

▲運転手と取材班にうれしいプレゼント。

pagetop