株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【子ども民謡クラブ】が慰問に来てくれました。






子どもたちが最高の歌声を披露してくれました。
実力派揃いの子どもたちに「上手か~っ」 ご利用者様


デイサービスふぉれすと小城に7月29日(土)、子ども民謡クラブ「青山会」様が慰問に来てくれました。この会とは交流も深く、毎年慰問に来てくれます。ご利用者様を前に櫛松施設長が「3年前、あがん小さかったお子さんがもう4歳ですよ」と懐かしむと、皆さまも大きくうなずいていらっしゃいました。会の中にはお二人がこの8月に東京で開かれる全国大会に佐賀県代表とて出場されるほどの実力。その優雅で迫力ある歌声を満喫されていらっしゃいました。



▲素敵な歌声に拍手を送るご利用者様(写真上)。太鼓を披露する青山会の子どもたち。その風景を優しく見守るご利用者様(写真下)


■身を乗り出して拍手 ご利用者様
演奏会が始まると、下は2歳から上は大学生が次々と民謡を披露されます。三味線も子どもたちが上手に奏で、みんなで一緒に元気に歌います。
ご利用者様もその姿に真剣に見入られています。演奏が終わるたびに身を乗り出して拍手をしたり、中には、終始微笑みを浮かべまるでお孫さんを見るような優しい目で見つめていらっしゃるご利用者様もいらっしゃいました。

■90歳のご利用者様が代表してプレゼント
演奏が終わると誰がいうでもなく自然に「上手かったよ~っ」「全国大会がんばって」と大きな声がかかり、とても有意義な時間を過ごして頂きました。お礼に、ご利用者様を代表して90歳の女性ご利用者様が、終始笑顔でプレゼントをお渡ししました。受け取るは会の仲間に抱えられる2歳のお子さん。重そうにそのプレゼントを受け取ってくれました。

■20年取って「68歳です」 ご利用者様
慰問も終わり、引き続いて今度は7月生まれの方の誕生会です。櫛松施設長が生まれた年を紹介しながら、「おめでとうございます」と、スタッフ厳選のプレゼントを手渡します。中には櫛松施設長が「〇〇さん、何歳になられましたか」と聞くと、「68歳です」。「エッ。88歳じゃなかったですか?」というと、舌をペロリ。10年取って〇〇歳はよく聞きますが、20年ほど取られていらっしゃいました。気持ちがとても若いご利用者様でした。プレゼント交換も終わり、皆さんで、仲良くケーキを頂きました。

地域との交流を大切にしているふぉれすと小城。慰問会以外にも季節感のあふれるイベントを毎月行っています。有料老人ホームはおかげさまで「満床」となりました。なおデイサービスは「登録を募集中」です。ご利用をお考えの方は遠慮なくお電話ください。☎0952-73-5633



▲息の合った演奏を披露する子どもたち。

▲年齢も2歳から大学生と幅広い年齢層です。

▲こちらは誕生日プレゼントです。


▲大きな声で元気に歌ってくれました。

▲プレゼントの贈るご利用者様。

▲誕生日ケーキを前にニッコリです。
pagetop