株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【ひまわり見学】に行きました。






苑を代表して、ひまわり見学(収穫)に出かけました。
留守番の皆さまも、きれいなひまわりに歓声。


デイサービスセンターよりあい兵庫は8月7日(月)、ひまわり見学に出かけました。場所は、ひまわり畑で有名な佐賀市兵庫町「ひょうたん島公園」で、苑から5分程度の場所にあります。この日は台風一過とはいえ風は強く、雲の動きも気まぐれで、それでも時より青空がのぞいていました。それでもご利用者様の体力を考え比較的に身体がお強いご利用者様(3名)を選抜しての見学となりました。この時期(9日まで)はひまわりを自由に摘み取ることができ、ご利用者様も畑で抱えきれないほどのひまわりを摘んでいらっしゃいました。



▲少しでも、元気で形がきれいなひまわりを下がるご利用者様(写真上)。収穫を終えて意気揚々と苑車に戻られるご利用者様(写真下)。

■選抜隊の使命は「たくさん摘むこと」
ご利用者様の体力を考え、いつもより早くご来苑いただき、選抜隊が出発します。引率のスタッフは小谷施設長から、「ひまわりをたくさん摘んでくること」とのミッションが言い渡されています。

■形の良いひまわりを探索
ひょうたん島にはすでに見物客が訪れており、中には保育園の子どもたちがひまわりを摘んでいました。

一行も、一目散に通路を通って形の良いひまわりを探索します。「ここがよか」と一人のご利用者様。自身の背丈より高いひまわりの中を、お一人でずんずん進んで素手でひまわりを摘まれます。スタッフは他のご利用者様と一緒にハサミを使って摘み始めます。「ほら、大きかとより小ぶりがきれいかよ」「それそれ、その奥」「それそれ、それば摘んで」とスタッフに指示されます。「本当にきれいかですね」とスタッフ。

■お土産用に、抱えきれないほど収穫
一人では抱えきれないほどのひまわりを摘んでいったん苑車に戻って、ご利用者様には休んでいただきます。そしてスタッフはまた摘みにいきます。「苑にいらっしゃるご利用者様のお土産もあるんで」とひたすら摘んで帰りました。

■ひまわりを見て歓声。お留守番隊
苑に戻るとそのひまわりを見て、留守番されていたご利用者様も目をパリクリ。その数と綺麗さに歓声が上がりました。それぞれ手にとったり、においをかいだりと大忙しで、選抜隊の面目躍如です。

■ご高齢者にとって厳しい夏は続きそうです。
小谷施設長によると、午前中は比較的風があって過ごしやすくあったものの「本当は皆様に楽しんでいただきたかったのですが、選抜隊の皆さんでさえ、少しぐったりされていらっしゃいました。水分補給をしていただき、少し休憩してもらいました」と話していました。ご高齢の皆様にとってまだまだ厳しい夏が続きそうです。よりあい兵庫も、ご利用者様に少しでも涼んでいただこうと、「涼」をテーマにイベントを企画しており、今月は「そうめん流し」も行う予定です。

「通い」「泊る」もできる、デイサービスよりあい兵庫。帰宅時間が遅いご家族様のために、「早朝・夕方」の時間延長サービスもご提供させていただいております。また「食べ物を中心にした(?)」季節感あふれるイベントも行っています。現在「曜日によって空き」がありますので、ご利用などのご相談はお気軽にお電話ください。☎0952-28-3105







pagetop