株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【きぼう朝市&餅つき大会】を開催しました。






雪もチラチラ。寒さに負けず元気に餅をつきました。
初体験のご利用者様も、堂に入った杵さばきを披露。


鳥栖地区は12月17日(日)、毎年恒例の朝市&餅つき大会を開催しました。当日は冷え込みも厳しく、雪もちらつく中でしたが、ご利用者様やご家族様も杵を手に元気に餅つき大会を楽しんでいらっしゃいました。苑内にはご利用者様や子どもたちの歓声が響き渡り、楽しい時間を過ごして頂きました。「初めて(餅)ついた」と初体験のご利用者様。体調を気に掛けるスタッフをしり目に「まだつきたい」と何度も杵を振るう方もいらっしゃいました。



▲餅つき初体験のご利用者様。スタッフと一緒に(写真上)。なれた手つきでもちを丸めるご利用者様(写真下)。


天候なども考慮し、餅つきは室内(電動餅つき機)と苑外の2か所で行われ、餅を丸める作業は室内で行われました。

■寒い中でも元気な女性ご利用者様
当初は寒い中、ご利用者様の出足も今一つでしたが、スタッフの声掛けで女性のご利用者様が苑外のにお見えになり、掛け声をかけながら、子どもたちやスタッフと一緒に餅をつきました。「餅つきが上手な〇〇さん(男性ご利用者様)は」と聞くと、「今日は寒いから出たくないそうです」とのこと。

■美味しいお餅に、ついつい…
その足で女性のご利用者様は苑内に向かわれ、餅を頬張りながらも、上手に餅を丸められます。大根おろしや砂糖醤油につけてつきたての美味しいお餅を存分に楽しまれ、「まだ食べたい」とそこから離れないご利用者様も。「○○さん、もうだめですよ。食べすぎです」と促すスタッフ。それでも、餅つき大会が終わるまでいらっしゃいました。また「餅はありますか?」とご近所の方もお見えになりました。

■業者様からもち米を提供いただきました。
小規模多機能施設の管理者の古賀さんは「皆さんに楽しんでいただいて何よりです」とホッとした様子。もち米の全ては「内田米穀販売店(店主:内田清治様)」からの頂いたものだそうで「おかげで多くの方にお餅をお配りすることができました」と感謝の気持ちを話していました。

小規模多機能きぼう原古賀および蔵上はすべて「満員」ですが、無料体験などは随時行っていますので、ぜひご利用ください。また、有料老人ホームは鳥栖「2床」、原古賀「2床」の空きがありますので、ご検討のほどよろしくお願いします。またデイサービス鳥栖も若干ですが「登録の空き」があります。こちらも楽しい無料体験もありますので、ぜひご利用ください。



▲スタッフと一緒に男性ご利用者さも。

▲車椅子ご利用者様もついていただきました。


▲餅つき初体験のご利用者様。堂に入ってます。

▲こちらは室内餅つき。大忙しです。

pagetop