株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【新春ぜんざい会】を開催しました。






白玉入りぜんざいで新年をお祝いしました。
みんなペロリ。中には、おかわり3杯のご利用者様も。




▲白玉をこねる作業が始まりました(写真上)。漬物がよいアクセントに。原古賀ぜんざい三点セットです(写真下)

小規模多機能きぼう原古賀センターは1月11日(木)、毎年恒例の、新春ぜんざい会を開催しました。ぜんざいの中に入れる白玉は、ご利用者様が作られ、手慣れた手つきで次々出来上がります。「ゆで上がるのが早いから、(白玉)小さかとば」とご利用者様。その声に少し大きめのものを少し小さく作り直される方もいらっしゃいました。

■「白玉、何で浮いてくるの?」 
100個ほどの白玉が完成し、沸騰した鍋に入れて、浮いてくるのを待ちます。「昔はね、よう団子汁(だごじる)ば作くいよった」と目を細められます。程なくして、浮き上がってきた白玉を救い上げてお椀に持ってぜんざいを入れると完成です。「なんで出来上がると浮いてくるっちゃろか?」とスタッフ。「・・・」。みんな不思議そうに鍋を見つめます。

■「白玉と漬物だけでもいける」 ご利用者様
お茶と、スタッフの祖母が作った自家製の漬物を添えてみんなで召し上がりました。お味も好評で「おいしか」「甘さも丁度よか」と声が上がり、「おかわり」の催促がひっきりなしです。中には3杯目の方もいらっしゃいました。白玉も好評で「漬物とこれだけ(白玉)だけでも十分美味しか」。

あれだけ時間をかけてたくさん作った白玉も跡形もなく、「作っとは時間がかかるけど、食べるとは一瞬」でしたが、食べるだけでなく、スタッフと一緒に作ることで、2度楽しい時間を過ごして頂きました。ちなみに、ぜんざいはスタッフが小豆から2日間、コトコト煮込んでつくったこだわりの逸品です。

小規模多機能きぼう原古賀センターはご利用者様に楽しんでいただくために参加型イベントや定期的に外食ツアーや季節感を感じるイベントを企画しています。現在、「登録を募集」していますので、お気軽にご連絡下さい。☎0942-83-7926



▲ちぎっては丸め。地味な作業が続きます。

▲食べるときは自然と無口なご利用者様。


▲ぜんざいを頬張るご利用者様。

▲ようやく落ち着いて会話が始まります。
pagetop