株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

【梅林寺に梅の花見学】に出かけました。






「自分らしい笑顔」で楽しんでいらっしゃいました。
綺麗な梅の花と楽しいおしゃべりで益々お元気に。


小規模多機能きぼう蔵上センターは3月15日(木)、久留米市の梅林寺に梅の花見学に出かけました。梅林寺の梅の花見学は人気のイベントで、15日は第二陣。1日目はゲットできなかった梅ヶ枝餅のリベンジに燃える菊池施設長(ブログ参照)。しかしこの日も店休日。それでもご利用者様のお顔は晴れやかで、おやつに美味しいお茶と名物の白棒を頂き、春の訪れを満喫されていらっしゃいました。



▶足取りも軽やかに梅の花ロードを散策される蔵上お姉さま軍団の皆様(写真上)。梅も笑顔も満開にほころびました。ご利用者様と一緒に(写真下)

施設から車で30分ほどのところにある梅林寺。この日は6名(車椅子2名)で出かけました。前回に引き続きあいにくの曇り空ではありますが、ご利用者様も行く気満々です。

■息も軽やかに「きれいかね」。ご利用者様
筑後川沿いの駐車場に着くと、そこからは急な斜面を進みます。ずんずん進まれる蔵上のお姉さま軍団。その後ろから全身全霊で車椅子を押すスタッフ。坂を上がるとそこには一面、きれいな梅の花が出迎えてくれました。「よかった。咲いていてくれて」と息も荒いスタッフ。「きれいかね」と息も軽やかなお姉さま軍団。

■名残惜しそうに梅林寺を後にしました。
こちらの梅の木は幾分低く、車椅子をご利用者されているご利用者様も梅の花を手に取るように眺められます。梅の花ロードを歩きながら気持よい時間を過ごして頂きました。

梅の花を満喫していただき、締めはお茶会。園内の茶店に入り、お茶やおやつを楽しみます。「近くに有馬記念館のあるけんそこに行きたか」とおっしゃるご利用者様もいらっしゃり、まだまだこの時間が名残惜しそうでした。

苑に戻るとご利用者様も疲れていらっしゃると思いきや、何故か行く時よりもお元気。「ねえ、今度みんなでお泊り会しようよ」などの話で盛りやっていました。歩いたりお話したり、きれいな景色に触れ合うことで「自分らしさ」を取り戻されたのかもしれません。

家庭的な雰囲気の中で「自分らしく笑顔が出る空間」をモットーに 「通い」を中心に、「泊る」「訪問」のとても便利なサービスを提供している、小規模多機能きぼう蔵上センター。現在登録は「満員」ですが相談や「無料体験」は随時受付けていますので、お気軽にお電話ください。0942-80-3463



▲坂道もズンズン進まれるご利用者様。

▲名物の白棒を囲んでお茶会です。
pagetop