株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-29-2502 FAX:0952-60-2407

【菊池係長】にインタビューしました。



質の高いケアを目指し率先して動きます。
グレード別研修の責任者、菊池係長にお話を伺いました。


平成30年度エキスパート研修を6月21日(木)に開催いたしました。今回は「上級者に求められるもの管理業務の把握と理解、実践についての業務の円滑化を図る」をテーマに研修が行われました。研修終了後、4月よりグレード別研修の責任者になられた小規模多機能きぼう蔵上センターの菊池係長にお話を伺いました。インタビュー前は照れながら「もともと人前は苦手で、今日のインタビューも緊張しています」とおっしゃられていましたが、同委員会に所属し3年目で責任者へ自ら挙手した意思の強い一面も。そんな菊池主係長のグレード別研修への誠実で熱い心情に迫ります。


▲必ず皆様の役に立つ講義をお届けします。
―なぜグレード別研修を行うのでしょうか?
グレード別研修では、ライフサポートNEOの一人一人がお客様の笑顔のために理念を達成できるスタッフを育てる事を目的としています。グレードに分けて研修をすることで受講者が求められている自身の役割を認識し、その役割を果たすことで「三方良し」につながる質の高いケアができると考えています。

―研修の内容はどのようにして決めていらっしゃいますか?

研修内容は年度ごとに計画、見直しをして決定しています。グレード別研修はビキナー研修・エキスパート研修・ミドル研修があり内容も目的もそれぞれ違うので綿密に計画しています。どのような講義の構成にするかという詳しい内容は担当講師がしっかり話し合って決めています。

―研修を行う上で心掛けていることは何ですか?

私たち研修委員会は受講者の貴重な時間を使って講義を行っているので、有意義な研修にし現場で活かせる内容にすることを心掛けています。また各部署の情報交換や悩み解決の場になるようディスカッションの時間を設けることを意識しています。

―研修を通して一番伝えたいことは何でしょう?
受講者は自分自身の役割を理解し、現場での課題解決に努めて欲しいです。そして何よりチームワークが大切だと思っています。研修に参加した受講者は各自施設で研修報告をしてもらい研修に参加していない他のスタッフにも、知識や情報を共有していただきたいです。私は『介護は一人ではできない』と常々感じています。受講者の方たち同士でも施設内のスタッフ同士でも連携をとることの重要性をきっちり伝えていきたいです。

―最後に、研修に参加した受講者は今後どういうスタッフに成長して欲しいと思いますか?
ご利用者様に対してのケアや業務を行う上で、気付きや問題点を振り返り、改善策を提案し解決できる意識の高いスタッフに成長していただきたいです。例えば本日行ったエキスパート研修の受講者はご利用者様の目線だけでなく、スタッフ側の目線、さらに管理者としての目線も必要となります。他のグレード別研修でも同じです。それぞれの立場で全てのバランスがとれるようなスタッフになるために、私たち研修委員会の講師は全力でサポート致します。



▲前回のビキナー研修の様子です。講師の熱意あふれる指導に真剣な様子の受講者達。

▲丁寧にインタビューに答えてださる菊池係長。



ライフサポートNEOはグレード別研修委員会だけでなく、新人研修委員会や評価委員会など全てのスタッフのサポートに力を入れています。これからも充実した研修を行い、ご利用者様へ質の高い介護サービスを提供いたします。

pagetop