株式会社ライフサポートNEO

佐賀県佐賀市大財1-8-40 TEL:0952-60-1456 FAX:0952-60-5510

|建設情報/小規模多機能きぼう基山センター(仮称)

 新着情報




外壁塗装もほぼ完成し、クリーム色外観がお目見え
工事も順調。引き渡しは2月末までに。

【掲載日】2018.0207










▲この施設の一つの目玉となる、NEO施設初のアイランドキッチン。

一面雪景色となった2月6日(月)の午後。クリーム色の外壁が一際際立つ、小規模多機能きぼう基山センターに伺いました。

室内に入ると主要な部分の壁紙も貼られ、5室ある個室はそれぞれワンポイントに貼られた壁紙の色はすべて違います。壁前面に貼られた白い和紙風の壁紙に、江口課長は「いいでしょう、この壁紙」と、その出来栄えに満足そうです。

中央には、NEOグループでは初めてとなるアイランドキッチンが備え付けられていました。「このキッチンならご利用者様と一緒に食事も作りやすいし、スタッフとの距離も近く感じられる」と江口課長も満足そうに話していました。

建設会社の芳村さんに引き渡し日を聞くと「予定通り2月28日までには大丈夫ですが、1日でも早くお引き渡しができるようにしていきたい」と話していました。

 ▲玄関・アプローチ ▲居間・食堂
▲居室(壁紙は5種類)



pagetop




間仕切りも終わり、内装工事も順調
年明け10日からクロス貼りなどの内装の仕上げ工事に。

 【掲載日】2017.12.27


















▲玄関のアプローチ部分です。



棟上げ工事からほぼ1ヶ月経過した12月26日(火)には室内の造作工事が行われていました。間仕切りも終わり、ほぼ室内の広さがうかがえます。

今後の作業について金崎建設の芳村さんによると、「年明けの10日から室内のクロス貼りなどの内装の仕上げ工事に入る」予定だそうです。

来年2月完成予定の、小規模多機能きぼう基山センター。建設状況は順調に進んでいます。

 ▲居間・食堂 ▲居室
▲バルコニー



pagetop




骨格が明らに。棟上げ工事も無事終わりました。
年内には屋根工事と外装工事を完了する予定。

 【掲載日】2017.11.24

来年2月完成予定で進められている、小規模多機能きぼう基山センター(仮称)の棟上げ工事が11月23日(木)に行われ、その外観が明らかになりました。この日は風は少し冷たかったものの秋晴れの1日。朝から始まった作業も順調に進み、午後には屋根も組み上げられ仕上げの作業中でした。

設計士様によると、今後、屋根工事(板金工事)と変更して外装工事に入るそうで、工事は「順調です」とのこと。来年早々には内装工事に取り掛かる予定だそうです。

◀写真上は屋根材をクレーンで釣り上げる作業。写真下は室内の玄関口付近。



pagetop




安全祈願祭を開き、工事の安全を祈願しました。
小規模多機能きぼう基山センター(仮称)事業所新築工事


 [掲載日] 2017.10.26 (木)

2月末完成、4月オープンに向けて始動。本格的な工事がスタート。
ライフサポートNEOは、来年4月オープン予定の「小規模多機能きぼう基山センター(仮称)」の安全祈願祭を10月24日(火)、建設予定地(基山町園部)で執り行いました。祈願祭には金崎建設(株)の社長様をはじめ埜口設計事務所様などがご出席されました。当社からは馬渡社長ほか3名が出席し、工事の安全祈願と、新しい施設の繁栄を祈願しました。

施工主を代表して当社の馬渡社長は「今回ご縁があって竣工と相成りました。地域の皆様に喜んで頂ける施設になるよう頑張っていきます」とあいさつしました。また神主様からも「来年は明治維新150年の記念の年にあたり、その年に完成することはとても素晴らしいことです」とのお言葉も頂きました。

完成は来年2月末。工事関係者様によると、年末までに棟上げから内装工事を予定しているそうです。ライフサポートNEOで鳥栖地区を統括している江口取締役は4月オープンを目標にしていると話しています。



※カーナビ等で住所を検索する際は「三養基郡基山町園部149」で検索してください。建設予定地の周辺が表示されます。